福岡市・佐賀市の注文住宅を手がけるLINX(リンクス)が、高気密・高断熱などの優れた住宅性能について解説しています。

MENU

住宅性能

TEL

CONTACT

MAP

優れた住宅性能が「楽しい暮らし」をつくります

LINX(リンクス)の家づくりにおけるこだわりは、デザイン面・コスト面だけにとどまりません。家族が楽しく暮らすためには、「快適」「安心」「安全」も大切な要素です。高断熱、高気密、省エネなど、そのために必要な住宅性能にもとことんこだわった注文住宅をご提案しています。

生きている空気と暮らす家。心地よい室内環境を考えた家づくり

生きている空気と暮らす家。心地よい室内環境を考えた家づくり

「健康住宅」という言葉をよく耳にするようになりました。私たち人間にとって、健康は何ものにも代え難い宝物ですから、「健康な住宅」にしたいと思うは、当然のことでしょう。

ただ、「健康住宅」に明確な定義はありません。どこか一部に健康素材を使っているだけの家が、「健康住宅」と銘打って販売されていることもあります。

しかし、私たちLINX(リンクス)は「住む人、そして家の構造体も健康であるように配慮された、真に快適な家」こそが「健康住宅」だと考えます。

冬は暖かく、夏は涼しく、家の中が快適な湿度に保たれてジメジメしない。断熱材や構造体(木材)も腐ったりせず、家の健康も保てる。そんな人にも建物にもよいのが、本当の意味での「健康住宅」と言えるのではないでしょうか。

省エネ・長持ち・耐震……LINX(リンクス)だからこそ実現できた優れた住宅性能

省エネ・長持ち・耐震……LINXだからこそ実現できた優れた住宅性能

LINX(リンクス)の家づくりでは、建築士・デザイナーとお客様が直接お話をしながら、住まいへのこだわりをカタチにしています。そのこだわりにはデザインやコスト面だけでなく、「快適」「安心」「安全」を叶えるための基本的な性能も含まれます。

LINX(リンクス)ではさまざまな工夫・システムを採用し、優れた省エネ性・耐久性・耐震性を実現しています。

省エネ・長持ち・耐震……LINXだからこそ実現できた優れた住宅性能

長期優良住宅やZEH基準をしのぐ省エネ性

国が定める「長期優良住宅」には、省エネ性能についての基準が設けられています。LINX(リンクス)がご提案する住宅は、この基準を大幅に上回る性能を実現。耐震性の高い構造パネルや高性能断熱サッシの採用によって、国の基準を超える高気密・高断熱を可能にしています。

家計にやさしい住まいであることはもちろん、これからの地球環境にも配慮した「省エネ性が高い家」です。

優れた高気密・高断熱性能が住まいの高耐久化や長寿命化に貢献

高気密・高断熱の家は、室内の温度と湿度を快適に保つことができます。それによってエアコンの使用量が抑えられ、電気代の節約・省エネに直結します。

しかし、高気密・高断熱性能はそれだけではありません。住まいの耐久性を高めて、建物の長寿命化にも繋がります。

優れた構造パネルと断熱材が湿気から住まいを守る

結露や湿気は住まいの寿命を縮める大きな要因となります。水蒸気や湿気が壁や構造材の柱を腐らせ、初期の強度が保てなくなってしまうからです。また、そうなれば地震などの災害に対する強度も低下してしまいます。

そこでLINX(リンクス)では、水分を通しにくい素材(硬質ウレタンフォーム)の断熱材を、構造パネルに採用。室内で発生する水蒸気から躯体を守ります。構造パネルを通り抜けた水分は通気層から吐き出される仕組みになっているため、構造躯体への影響はありません。

快適な家づくりでストレスフリーな暮らしを

快適な家づくりでストレスフリーな暮らしを

「快適」と言っても、その基準は家族によって、人によってさまざまです。「収納スペースが豊富で、片づけが楽」「夏は涼しく、冬は暖かい」など、住まいに求める快適さはご家庭によって異なるでしょう。

LINX(リンクス)ではさまざまな「快適さ」を実現するためのプラン・標準装備をご用意しています。

W断熱工法を採用

W断熱工法では、外側には専用のウレタン系板状断熱材を使用し、内側にはウレタン樹脂系の「エアクララ」を吹きつけて、外と内からのダブル断熱で高い断熱性能を確保します。

エアクララとは?
エアクララはファース工法専用の断熱材です。もとは大型冷蔵庫用の断熱材で、これを住宅用に改良したもの。断熱材であるとともに、気密材の役割も果たすことができます。熱伝導率が0.021w/mKと高く、施工厚60mmでグラスウール(16K)の130mm分に相当。LINX(リンクス)の家づくりでは、このエアクララを建物の内側に、屋根から壁、基礎に至るまで家中を覆うように吹きつけます。
熱交換式換気

外気温による室温の変化を抑えるためのシステム。日々の生活で生じる室内の汚れた空気から、「暖」「冷」の熱エネルギーを取り出し、そのエネルギーを新たに室内に取り込む空気に加えます。

これにより、夏は室内の空気がサラリとし、蒸し暑さが抑えられます。また、冬は過乾燥防止につながり、適度な湿度が保てます。そのため、夏・冬どちらの季節も快適に過ごせるだけでなく、エアコンの温度調整を軽減することで省エネにも繋がります。

断熱サッシ

断熱性能が高い樹脂サッシを採用。さらに、ガラスには幅広の中空層にアルゴンガスを注入して断熱性を向上させたペアガラスやトリプルガラスを使用し、窓からの熱損失を防止します。

また、寒冷地・温暖地などの地域性によって室内へ入る日射しの量を検討。その上で、特殊なLow-E(特殊金属膜)加工を用いて調整します。

LINXのつくる家はこんな家です

LINXのつくる家はこんな家です

「家で過ごす時間が、前より楽しみになった」
「なぜかみんなが集まってくる? 居心地がいいからかも?」
「子どもが布団を蹴飛ばしても、寒くないか心配しなくてよくなった……」
「『暑い』『寒い』の声が聞こえなくなった」
「外が寒いことに気づかず、つい薄着で外に出てしまった……」
「冬だって、床に座って寝転んで……。窓辺でのんびりしても寒くない」

LINXのつくる家はこんな家です

こんな住まいを実現するため、LINX(リンクス)はファース工法を採用しています。

夏は涼しく、冬は暖かい。ファース工法の家は、そんな最適な環境を意識した住宅です。快適な温熱環境に欠かせない「温度」「湿度」「空気の清浄」「空気の流れ」の4条件をコントロールして、高い気密性・断熱性を実現。少ないエネルギーでも快適に暮らすことができます。

LINX(リンクス)はZEHビルダーに登録しています

LINXはZEHビルダーに登録しています

LINX(リンクス)はネット・ゼロ・エネルギー・ハウス普及のため、ZEHビルダーに登録しています。高断熱化・高効率設備によって可能な限り省エネルギーに努め、太陽光発電などによってエネルギーをつくり出すことで年間の消費エネルギーを概ねゼロ以下にする住宅のことを「ZEH住宅」と言います。

近年の住宅のエネルギー消費は増加傾向にあり、徹底的な省エネルギーの推進が求められています。LINX(リンクス)は「年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(ZEH)」の普及に努めます。

木造住宅の耐久性

目まぐるしい進歩を遂げている日本の建築物ですが、それでもなお日本人にとってはなじみ深い木造の建築物は多く支持を得ています。様々な工法・技法が進歩していく中、当然、近年の木造住宅も進歩しており、数十年前とは比べ物になりません。しかし、木造住宅と聞くとどことなく耐久性や耐震性に不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そんな不安とは裏腹に、実は木造住宅は木が軽く、丈夫で柔軟性があるので、耐震性に優れているのです。木の良さを最大限に活かした昔ながらの在来工法に合わせ、鉄骨造でも用いられる最新の建築技術が掛け合わさることによって、昔と現代の良さを掛け合わせた最新の構造とも言えます。

またLINXでは制振装置を用いて、耐震検査も行っております。制振装置で実際に住宅を震度2弱程度で共振させ、住宅の耐震性を数値で算出します。そして、そのデータや調査をふまえ、耐震補強計画を提案しますので、より安心・安全な家づくりを行っております。

LINX(リンクス)の「デザインと性能にこだわる注文住宅」事例集
「施工事例」へ

住宅性能について気になることがあれば、お気軽にご相談ください。
「お問い合わせ」ページへ

TEL

CONTACT

MAP

CONTACT

To top